鷹羽弘晃(作曲・ピアノ)

 

2001年桐朋学園大学作曲理論学科卒業。作曲を三瀬和朗、権代敦彦、ピアノをローラン・テシュネ、藤井一興の各氏に師事。パリ・エコール・ノルマル作曲科にてエディット・ルジェ女史に師事。Diplome Superieur取得。

 

第68回日本音楽コンクール作曲部門入選。これまでにヴェネツィア・ビエンナーレ、静岡音楽館AOIなどから委嘱を受け、作品はアンサンブル・ノマド、日本音楽集団、東京混声合唱団、Ensemble Alternance等、著名な演奏家によって演奏されている。

 

ピアノ演奏では1999年第9回日本室内楽コンクール第1位(ヴィオラとの共演)。

NHK「FM名曲リサイタル」、Festival de l’Orangerie de Sceaux 等に出演。

 

2010年より和楽器とバロック楽器からなる「アンサンブル室町」の指揮をつとめる。

 

What's New

2011年Live2の模様を動画にアップしました。

 

※会場の特性とマイクの位置により、残響成分が大変多くなっております。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。