西本淳(サクソフォン)

 

1998年大阪音楽大学音楽学部器楽学科を首席で卒業。2000年同大学院音楽研究科管弦打研究室修士課程修了。

2002年丹波の森国際音楽祭「シューベルティアーデたんば2002」では音楽祭のシンボルアーティストとして参加。2003年ノナカ・サクソフォン・コンクールにて、クラシック部門第1位を受賞。2004年第8回松方ホール音楽賞・選考委員奨励賞を受賞。2007年、兵庫県下での活動が評価され、平成18年度坂井時忠音楽賞を受賞。

2008年ジャン=マリ・ロンデックス国際サクソフォンコンクールセミファイナリスト。

現在は各地でソリストとして活動するほか、在阪オーケストラの客演奏者、コンクール審査等幅広く活動し、大阪音楽大学、相愛大学、武庫川女子大学、相愛高等学校講師として後進の指導にも力を注いでいる。

 

What's New

2011年Live2の模様を動画にアップしました。

 

※会場の特性とマイクの位置により、残響成分が大変多くなっております。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。